足のむくみやたるみを解消するストレッチ法

足のむくみを解消

本来すらりとした美しい足の素質を持っていても、むくみやたるみがあると綺麗な足のラインは手に入りません。

足のむくみやたるみを放置することで起こりうる事態は、女性にとってデメリットなものばかりです。本来の靴やズボンのサイズよりも大きいものを購入しなくてはならなかったり、靴下のゴムなどの跡がくっきりと皮膚についてしまうので、むくみやたるみは気が付いた時点で解消するように努力するのが適切でしょう。

むくみやたるみケアの方法は数多く存在していますが、自宅で出来るストレッチ法の活用がお金もかからず経済的です。

自宅であればストレッチしながら様々なことができるので、一日のリラックスタイムに積極的に取り入れていけば、毎日の習慣として根付かせることも可能です。

ではどんなストレッチ法があるかというと、むくみケアを意識するなら開脚ストレッチが初心者向けといえます。

開脚ストレッチで足のむくみを解消

これは特に必要なアイテムもありませんし、ある程度床が利用できる部屋なら問題なく行える点がポイントです。

まず床に座った状態で自分が痛みを感じるぎりぎりのラインまで開脚し、右手を上に伸ばして左へゆっくりと身体を倒して5秒ほどキープします。その後身体を元の状態に戻してから、今後は左手を上に伸ばして右へ身体を倒し、また5秒ほどキープして身体を戻します。これを左右3回ずつ、ゆっくりと呼吸を整えながら行いましょう。

このむくみケアに課題があるとすれば、体の柔軟性によって向き不向きがある点です。身体が硬い人は最初の開脚が難しく感じるかもしれませんが、自分のペースに合わせて開脚の幅を広げていけば問題ありません。

続けていくうちに自然と開脚の幅が広がっていき、身体が柔らかくなっていきます。そうなると老廃物の流れもよくなり、むくみ解消に繋がっていくでしょう。

足がたるむ原因とおすすめの解消法

次に足のたるみですが、これは主に筋肉の低下によって生じると言われています。そのため足を中心にした筋肉トレーニングでもたるみ解消は可能ですが、むくみケアと並行して行うことを考えればストレッチ法を覚えたほうが便利です。

たるみ解消法で代表的なものをあげると、つま先とかかとを上げるストレッチ法があります。この方法は立ち仕事をしている最中にも手軽に行える点が人気ですが、足に意識が集中してしまって仕事が手につかない人も多いでしょう。そんな場合は椅子に座って、同じ効果が得られるやり方を実行するのも手です。

椅子に座れば落ち着いて行えますし、なにより安定感が増すので安心です。

やり方としてはまず椅子の中央に座り、足を腰幅と同じぐらいに開きます。そしてつま先を膝よりも少し前に出して、背筋を伸ばした状態でかかとをつけたままつま先をあげておろし、次はつま先を床につけた状態でかかとを持ち上げます。これは主に膝の下の筋肉を鍛えられてたるみを解消するやり方ですが、むくみケア同様に呼吸を止めないように気を付けましょう。

15回を1セットとして、1回から2回行うのが基本です。