入浴で足のむくみを効果的に改善する方法

1日のリラックスタイムといえばお風呂ですよね。仕事で疲れてパンパンになった足のむくみはお風呂でスッキリさせましょう!

お風呂の温度、入浴剤、マッサージなど、むくみ解消にぴったりなお風呂の入り方があるんですよ。

むくみ解消入浴法1:ぬるいお風呂で半身浴しよう!

東洋医学では、むくみは体が弱っている状態に現れるものと言われています。熱いお風呂に肩まで浸かると体力の消耗が激しく、むくみが悪化する可能性があるのです。

半身浴だと体力の消耗が少なく、38〜40度くらいのお湯が最も体がリラックスして血行不良が改善しやすいとされています。

「もう今日は足もパンパンで疲れてつらい・・・」という日は、足湯だけでもむくみ解消に効果的です。ホームセンターに足湯用のバケツが1,000円前後で売っていますので、一個買っておくとむくみ対策に便利ですね。

むくみ解消入浴法2:生薬や炭酸ガスの入浴剤を使う

生薬とは加工していない漢方薬の材料そのもの、薬効のある薬草などの事を言います。

生姜・陳皮(みかんの皮)・当帰などが血行を促進するのでむくみ体質の人にはオススメですね。ドラッグストアで売っているものでは、冷え性向けで血行促進効果のある生薬入り入浴剤を選べば間違いないでしょう。

あと炭酸ガスが発生する入浴剤もむくみ解消に効果的です。「炭酸ガスの入浴剤って何?」と思われるかも知れませんが、最も有名なのがあのバブです。

シュワーっと出てくる炭酸ガスが血管を拡張し、血行を促進する事でむくみを解消してくれます。きき湯やごろんと固まりの入浴剤、バスボムなども炭酸ガスが発生する入浴剤ですね。

炭酸入浴剤は香りも種類も豊富なので、好きな香りを選んで楽しみながらむくみ解消しちゃいましょう。

むくみ解消入浴法3:湯船で足をマッサージ

むくみの原因は足の血行不良です。お風呂に半身浴している間に軽くマッサージする事で、血とリンパのめぐりが促されむくみが解消します。

足に溜まった水分を回収してくれる器官をリンパ管といいますが、リンパ管が合流するリンパ球がむくみ解消のツボになります。リンパ球は膝の裏や太もものつけね(鼠蹊部)にあり、ここをマッサージするとリンパ管の流れが促され、むくみが軽くなっていきます。

そして東洋医学の血行を促すツボはふくらはぎや内くるぶしの上などにあります。マッサージで刺激する事で血行を良くすることができます。

簡単にまとめると、足首・くるぶし→ふくらはぎ→膝の裏→太もも→太もものつけね(鼠蹊部)の順番でやさしく足をマッサージしてみましょう。血液やリンパがしっかり流れ、むくみの原因になっていた水分が回収されやすくなりますよ。

まとめ:お風呂で血行促進してむくみを改善しよう

血行不良で足に溜まった血液から必要以上に水分が体に染み出し、リンパの流れが悪くその水分を回収しきれないとむくみが起こります。

お風呂に入って血やリンパの流れが良くなると、染み出す水分は減り回収する水分は増えるのでむくみが改善するんですね。そして何よりお風呂は気持ちいいのでストレス解消にももってこいです。

ストレスが軽くなると自律神経のバランスが整い血行も良くなります。お風呂はむくみ改善にとっていい事づくめなんですね。

お風呂でマッサージもするとなお良いので、入浴はシャワーで済まさず湯船にじっくり入るのがオススメですね。

Recommended Reading